来店不要!オンラインのみで完結!AIファクタリングですぐ現金化できるお勧めのファクタリング会社一覧はこちら!
さぁ、始めよう。

貴方はファクタリングというサービスをご存じですか?

ファクタリングという資金繰りや資金調達に役立つサービスがある、というのは何となく知っている方もいるかもしれませんが、実際は良く分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、 といった、ファクタリングを使った事がない方が絶対に感じる疑問をなるべくシンプルに中学生でも分かるくらい分かりやすく解説しています。

ファクタリングについて知りたい方は是非最後までお読みください。

目次

ファクタリングとは?その仕組みを分かりやすく解説

ファクタリングとは、あなたの売掛債権をファクタリング会社が買い取り、売掛金の支払期日より前に売掛金を現金化するサービスです。

そもそも売掛債権とは

売掛債権とは、簡単に言うと「代金を後払いで受け取る権利」です。つまり営業取引によって発生した未収金のことで、取引先から商品の対価として金銭を受け取れる権利のことを言います。

売掛債権には2種類あり、所定の期日までに支払うことを約束した証書が発行されるものを受取手形、証書の発行がないものを売掛金と言います。

しかし、あくまで「権利」なので、現金と同等の価値はあるものの、支払いに充てることはできません。

通常、企業間の取引は前払いや現金取引ではなく、後払いである信用取引が採用されており、売掛債権は現金化されるまでに商品・サービスを提供してから1~3か月ほど時間がかかるのが通常です。

会社の資金繰りに問題がなければ取引先から入金があるまで待つことができますが、売掛金の入金までの期間が長かったり仕入先への支払い期日が短かったりすると資金繰りに困ります。

特に売掛金が大きな取引ほど、仕入代金や人件費など先に支払う費用も多くなりやすいです。

そのため、売掛金は多いのに先に支払う費用のための資金が足りず黒字倒産してしまうなんてことも珍しくありません。

そこで活用できるのが、ファクタリングというサービスです!

売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、期日前に現金化することで、先に支払う費用に充てることが可能になります。

ファクタリングの仕組み、流れ

ファクタリングの仕組みを分かりやすく説明すると、下記の図のようになります。

流れとしては下記のようになります。

  1. 貴方の会社が取引先にサービス等を提供し、売掛金がある状態になる
  2. ファクタリング会社へ請求書等や貴方の会社の情報を提出し、代金を請求
  3. ファクタリング会社が審査し、問題なければ手数料を引いた代金を支払い

このようにファクタリングを利用すれば、入金までに本来1~3か月かかる売掛金がすぐに現金化できるため、資金繰りが楽になるメリットがあるのです。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングのメリットを簡単にリストかすると下記のようになります。

  • 資金調達までのスピードが速い
  • 融資ではないため自社の業績が悪くても資金調達可能
  • 取引先の倒産リスクを回避できる
  • 保証人・担保不要
  • 決算書や信用情報に影響がでない

また、ファクタリングのデメリットを簡単にリストかすると下記のようになります。

  • 手数料が発生する為本来の売掛金より安くなる
  • 取引先の業績が悪いと審査が通らずファクタリングできない可能性がある

より詳しくファクタリングのメリット・デメリットを知りたい方は下記の記事を参照ください。

あわせて読みたい
中小企業経営者必見!ファクタリングのメリットとデメリットとは? 「売掛金の支払期日はまだ先だけど、今すぐに現金が必要だ」 そんなシーンで活躍してくれるのがファクタリングというサービスです。 日本ではまだあまり馴染みがないで...

ファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングは売掛金を期日前に現金化してくれる資金繰りに困っている経営者や個人事業主にとっては大変魅力的なサービスですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

ファクタリングは大きく分けて2つの種類がある

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。

簡単に説明すると、「2社間ファクタリング」の場合は自社とファクタリング会社だけで取引が完結(取引先に連絡は不要)しますが、「3社間ファクタリング」の場合は売掛金を支払う取引先にも合意を得る必要があります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの詳しい説明、メリットデメリット等は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い・メリットとデメリット 「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」って何?それぞれどんな違いがあるの? ファクタリングの契約形態には、ファクタリング会社と売掛債権を売却する会社...

買取には手数料が発生する

当たり前の話ですが、ファクタリング業者もビジネスで行っているので、実際の売掛金より安い金額で売掛債権を買い取る事になります。したがって、ファクタリングを申し込む際は、必ずファクタリング会社に支払う手数料を確認をしましょう。

ポイントとしては「手数料の上限が決まっている」ファクタリング会社はある程度安心して利用することができます。

ファクタリング会社のWebサイトに「手数料2%~」と記載されていて、一見安く設定されているように見えて上限が不明瞭になっている場合は注意が必要です。実際に依頼したら手数料を多くとられてしまった、なんてケースも起こりえます。

手数料が安く、安心して取引できるお勧めのファクタリング会社は下記記事をご参照ください。

あわせて読みたい
ファクタリング手数料の相場と手数料が安い業者を見つけるコツ 「ファクタリングの利用を考えているけど、一体手数料はどれくらいかかるんだ?」 こんな疑問を持つ方は多いと思います。 ファクタリングは早期に資金化できるというメ...

契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていても譲渡可能

以前は、取引先との契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていた場合は債権を譲渡することはできませんでした。

しかし2020年4月に法改正され、たとえ債権譲渡禁止特約が付与されていたとしても、債権を譲渡できるようになりました。

引用元:法務省「新旧対照条文」

契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていた場合でもファクタリングは可能となりますので、ファクタリング会社に相談してみると良いでしょう。

ファクタリングを利用する時のポイント(審査について)

いくらファクタリンク会社に売掛債権を買い取ってもらいたいからと言って、全ての売掛債権を無条件で買い取ってもらえるわけではありません。

ファクタリング会社が売掛債権を買い取っても、その売掛債権を現金化できないとファクタリング会社が損することになるため、ファクタリング会社も買い取る売掛債権が回収可能かどうか審査を行います。

ファクタリング会社に売却する売掛債権は信用力の高い会社の債権を選ぶ

前述したように、ファクタリング会社からすると売掛債権を買い取ってもその代金を回収できないという事態は想定される中で最も大きなリスクです。

したがって、ファクタリング会社に売却する売掛債権はなるべく信用力の高い取引先の債権を選ぶと審査が通りやすいです。

ファクタリングは売掛債権を売却する会社よりも、売掛先企業の情報が重要になるということです。

通帳コピーは売掛先企業との取引実績、信頼関係を確認している

ファクタリング会社は審査の段階で約1年分の通帳コピーを要求してくることが多いです。

これは買取依頼をされた銘柄の企業と毎月取引があり、ちゃんと決済されているかを見ているのです。

長年の取引先としてお互いに付き合いがある相手なら、決済が滞ることはほぼないと判断しているようです。

したがって定期的に取引のある会社の債権の方が、新規取引先や一発だけの大口取引の売掛債権より審査に通りやすいです。

3社間取引の場合はさらに重要視されます。3社間取引の場合は、完全に売掛債権の振込口座をファクタリング会社に変更してしまうため、売掛先の状況や取引先との関係性は外せません。

税金に関する書類は、滞納がないか確認している

税金滞納があり、万が一、利用会社が倒産した時真っ先に充当されるのが税金だからです。

ファクタリング会社は、2社間ファクタリングの契約上、買い取った売掛債権の回収を利用会社に委託します。

しかし、その間に利用会社が倒産してしまった時、取引先から入金された売掛債権の代金は、ファクタリング会社には支払われず、税金の滞納分に充当されてしまいます。

そうなると、ファクタリング会社にとって回収不能債権となってしまい、回収業務に体力を割かなければいけません。

ファクタリング会社へ依頼する際は税金滞納がないかしっかり確認しておきましょう。

優良ファクタリング会社3選

最後に、当サイトも実際に利用し、問題なかったお勧めのファクタリング会社をご紹介します。

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

スピード
5
手数料の安さ
5
利便性
4
PAYTODAY(ペイトゥデイ)の特徴
  • AI審査で最短45分!即日振込
  • 手数料1%~9.5%
  • 最大90日後の債権まで買取可能
  • 来店不要。オンライン完結

PAYTODAYはAIを使った審査が売りのオンライン完結型のファクタリングサービスで、現金化までのスピードもさることながら、人件費を安く抑えている為か手数料もトップクラスに安いというのが最大の特徴です。手数料上限も9.5%とかなり安く設定されており、相見積もりする時間もないほど急ぎの場合はPAYTODAYを使うのが一番リスクを抑えられるかもしれません。

手数料が安い反面、審査はしっかり書類を確認されますので、その点は理解しておいた方が良いでしょう。

ベストファクター

スピード
5
手数料の安さ
3.5
利便性
5
ベストファクターの特徴
  • 審査通過率92.25%
  • 即日振込実行率77.8%
  • 入金まで最短1時間
  • 来店不要。オンライン完結
  • 2%~20%

ベストファクターは圧倒的な審査通過率と即日振込実行率が特徴のファクタリングサービスです。

審査通過率が92.25%との事なので、他社で審査落ちした売掛債権も買い取ってもらえる確率が非常に高いです。

更に入金スピードもトップクラスに早く手数料も低価格水準です。

気になるところとしては手数料幅が2%~20%と広いので、よほどの理由がない限り相見積もりして自分の債権の相場を確認しておきましょう。

QuQuMo online(ククモオンライン)

スピード
5
手数料の安さ
4
利便性
4.5
QuQuMo online(ククモオンライン)の特徴
  • 入金まで最短2時間!見積りは30分
  • 必要書類は請求書と通帳の2点のみ
  • 手数料1%~14.8%
  • 来店不要。オンライン完結

QuQuMo online(ククモオンライン)はオンライン完結型のファクタリングサービスで、現金化までのスピードもトップクラスに早く、さらに用意する必要書類が少なくこちらの手間が非常に少ないのが最大の特徴です。

手数料1%~14.8%と低価格水準と、迷ったらとりあえず気軽に見積り出してみると良いでしょう。

手数料は低価格水準ですが、上限付近だとそこまで安いとは言えないのでこちらも相見積もりは忘れずに。

おわりに

ファクタリングを利用する時の流れとポイントをお伝えしました。

途中で面談が入るファクタリング会社もありますが、おおまかな流れはどこも同じです。ファクタリング会社が審査で見るポイントをしっかりおさえておくことで、スムーズに取引ができると思います。

良い取引となりますように。

目次
閉じる