Webで簡単!おすすめのオンライン完結型ファクタリング会社はこちら!<詳しくはここをクリック!>

ファクタリングの審査に落ちた!原因と審査通過率の高い業者一覧

ファクタリングは請求書(売掛債権)を売却し、請求書の支払期日より前に現金を得るという資金調達方法です。

ファクタリングは借金ではありませんので、銀行の融資よりも審査が甘く緩く資金調達しやすい事で人気です。

しかし、ファクタリングでも場合によっては審査で落ちてしまうことがあります。

審査落ちしてしまった方は「やっぱりうちの会社の状況が悪いと評価されたのか…」と思われるかもしれませんが、決して申し込んだ会社の状況が悪いことが原因とは限りません

本記事ではファクタリング会社に勤務経験のある筆者が、ファクタリングの審査に落ちてしまった原因と対策、審査通過率の高いファクタリング会社をご説明します。

そもそも自分に最適なファクタリング会社の選び方が分からない!という方は下記記事を参照ください。

目次

ファクタリング審査の前提条件

ファクタリング審査の前提条件

ファクタリング取引では「売掛債権の健全性」、つまり「ファクタリング会社がその売掛債権を回収できるかどうか(得をするかどうか)」が一番重要視されるポイントになります。

そのため、端的に言うと「回収が難しい、回収できたとしても薄利になる」と判断されると審査に落ちてしまいます。

ファクタリング会社がチェックする主なポイント

ファクタリングの審査でチェックされるポイント

ファクタリング会社が審査をする際にチェックする主なポイントは下記になります。

売掛先企業の審査ポイント
申込企業の審査ポイント
  • 信用情報
  • 申込企業との取引実績
  • 売掛債権の妥当性
  • 売掛債権の期日
  • 業種
  • 信用情報
  • 売掛先企業との取引実績
  • 売掛債権と企業規模との妥当性
  • ファクタリングの利用実績
  • 業種

信用情報

前述したように、ファクタリングは売掛先企業に支払い能力があるかどうかが非常に重要になります。

売掛先企業の支払いが遅れたり、倒産したりすれば売掛金の回収が難しくなるためです。

融資ほどは厳しく評価されませんが、申込企業の信用情報も調査対象になります。

取引実績

売掛先企業との過去の取引実績も判断材料になります。

「ちゃんとこの売掛先企業から支払いがなされるか」という点を判断するために確認するポイントです。

取引歴が長い、もしくは取引が毎月一定で行われているような場合は審査に通りやすくなります。

これは突発的な天災や事故、倒産等が起こらない限りほぼ高確率で支払いが行われるだろうと判断できるからです。

企業規模と売掛債権の妥当性

受注に見合う企業規模かどうかも判断材料になります。

例えば、年商5,000万円の企業にも関わらず、1億円の売掛債権のファクタリングを依頼してきた場合、企業規模に見合っていないのは明らかであり、ファクタリング会社は本当にその売掛債権は実在しているのか怪しむでしょう。

このような場合は、ファクタリングを断られる理由となります。

売掛債権の期日

期日も、短ければ短いほどファクタリング会社が背負うリスクは少なくなるので、審査に通る可能性が高くなります。

過去のファクタリング利用実績

ファクタリング会社や申込企業の経営状況によって判断が分かれやすいポイントです。

ファクタリング会社にとって「売掛債権の二重譲渡」や「二社間ファクタリングで横領される」というのは非常に大きなリスクです。

過去にファクタリング会社を利用している=二重譲渡や横領を行わない優良顧客」だと判断されるケースもありますし、反対に 「過去にファクタリング会社を利用している=経営状況が良くないのでリスクのある顧客」と判断されるケースもあります。

判断が分かれやすいポイントですが、他社からの乗り換えの場合に手数料を優遇しているファクタリング会社も存在しますので、ファクタリング会社のHP等で乗り換えを優遇していないか確認してみると良いでしょう。

業種

業種はさほど大きな影響を及ぼすものではありませんが、ファクタリングをよく利用する業種であれば利用データ、倒産データなどを多く持ち合わせているためスコアリング判断がより正確になります。

ファクタリングの審査に落ちる原因

ファクタリングの審査落ちる原因

上記ポイントを踏まえ、ファクタリングの審査に落ちる主な原因を説明します。

売掛先企業の信用力が低い ・ 不良債権

ファクタリング会社が一番注目するのは、売掛先企業の業績や実態です。

売掛先企業にどれほどの信用力があるかで、ファクタリングの審査を通過するかどうかが決まります。

経営状況が芳しくない中小企業であれば審査は不利になりますが、もし売掛先企業が名の知れた上場企業であった場合は、審査を通すファクタリング会社がほとんどです。

申込企業の信用力が低い・詐欺だと疑われる

これは主に2社間ファクタリングでの話になりますが、ファクタリング会社にとって「申込企業の倒産」「売掛債権の二重譲渡」や「二社間ファクタリングで横領される」というのも非常に大きなリスクです。

上記チェックポイントの項目で説明した「申込企業の信用情報」「企業規模と売掛債権の妥当性」「過去のファクタリング利用実績」は主にこれらが行われないかを判断する為に使われます。

ファクタリング会社に勤務したことがないと見えない事実ですが、実は詐欺まがいの申し込みはかなり多いです。

中には書類を偽造したり、最初から二重譲渡、横領をする気で依頼してくる方がかなりの数存在します。

売掛債権の二重譲渡とは

ファクタリングの二重譲渡

二重譲渡とは、既にファクタリング業者に売却した請求書を、また別のファクタリング会社に売却するといった行為です。

図で説明するとファクタリング会社Aに売却した時点で、この請求書の所有者はファクタリング会社Aとなります。

したがって、この請求書をA社に売却した後に、同一の請求書を他のファクタリング業者に売却する事はできません。

申込企業側がこれを知っていて申し込んだ場合は、犯罪になってしまうので絶対にやめましょう。

ファクタリング会社は審査の段階で、二重譲渡債権ではないかどうかを必ず聞いてきます。

二社間ファクタリングで横領される

2社間ファクタリングの流れ

二社間ファクタリングは上の図の流れで取引が行われます。

ポイントは④で、売掛金は一度利用者に支払われます。しかし申込企業(利用者)は既にファクタリング会社に売掛債権を売却している為、速やかにファクタリング会社に受け取った代金を送金しなければなりません。

しかしこのタイミングで 利用者がファクタリング会社に送金せず、そのまま横領してしまう場合があります。

こうなると回収に非常に労力を要してしまいますので、ファクタリング会社はこういったトラブルに会わない為にも申込企業を審査するのです。

売掛債権の期日が長い

売掛債権の期日の長さも結構見られます。売掛債権の期日は60日までが目安と思っておいてください。

期日が長いとファクタリング会社の背負うリスクが高くなり、審査に通りにくくなるので長すぎるものは避けた方が良いです。

債権の金額が大きい/小さすぎる

最後に注視されるのが、金額の大きさです。

あまりに小さすぎるとファクタリング会社にとって費用対効果が薄いと判断され断られるケースがあります。

一方で、大きすぎてもファクタリング会社のリスクとなるので断られる可能性が高いです。

ほとんどのファクタリング会社は、買い取る売掛債権額の上限と下限を設定しています

上限と下限はほとんどの場合ファクタリング会社のHPに記載されているので、確認してみてください。

上限下限の範囲外であっても検討してくれるファクタリング会社もありますが、審査は通りにくくなると思っておいた方が良いでしょう。

審査通過率の高いファクタリング会社3選

審査通過率の高いファクタリング会社

最後に審査通過率の高いファクタリング会社を厳選して3社ご紹介します。

どの会社も審査通過率が90%を超えているだけでなく、手数料の安さや入金スピードも業界トップレベルで高水準です。

「今審査に落ちてしまうと困る!」という方は、下の3社に見積り依頼してみましょう。

(※ どの会社も見積り無料ですので、気になった方は是非気軽に見積り依頼してみてください。)


ベストファクター
審査通過率
98.2%
審査通過率
92.25%
審査通過率
90%以上
現金化最短2時間
(原則即日振込)
現金化最短1時間
(原則即日振込)
現金化最短1時間
(原則即日振込)
手数料2%~手数料2%~ 手数料2%~
口コミ口コミ 口コミ
オンライン完結可 オンライン完結可 オンライン完結可
最高買取額
5,000万円
最高買取額
1億円
最高買取額
1億円
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
公式サイト公式サイト公式サイト

上記ファクタリング会社は入念に調査したうえでお勧めしておりますが、可能であれば複数社に相見積もりし、比較してパフォーマンスの優れているファクタリング会社を選ぶようにしてください。それが一番安全なファクタリングの利用方法です。

ベストファクター

ベストファクター
ベストファクターの特徴
  • 審査通過率92.25%
  • 即日振込実行率77.8%
  • 入金まで最短1時間
  • 来店不要。オンライン完結
  • 2%~20%

ベストファクターは圧倒的な審査通過率と即日振込実行率が特徴のファクタリングサービスです。

審査通過率が92.25%、 即日振込実行率77.8%と、「どうしても今日中に現金が必要だ!」というシーンでは非常に頼りになります。

気になるところとしては手数料幅が2%~20%と広いので、よほどの理由がない限り相見積もりして自分の債権の相場を確認しておきましょう。

\ まずは無料見積もり! /

うりかけ堂

うりかけ堂
うりかけ堂の特徴
  • 入金まで最短2時間
  • 売掛金買取率98.2%
  • 口コミ評価が高い
  • 24時間365日対応
  • 手数料2%~
  • 来店不要。オンライン完結

うりかけ堂も高い買取率と早い現金化スピードが売りのファクタリングサービスです。

売掛金買取率が98.2%と驚異的な数字で、他社で審査落ちした売掛債権も買い取ってもらえる確率が非常に高く、更に入金スピードも最短2位時間とトップクラスに早いです。

また、対応の良さに定評があり、口コミでもその評価は高いです。

気になるところとしては手数料幅が2%~と上限が不明なので、こちらも可能であれば相見積もりする事をおすすめします。

\ まずは無料見積もり! /

アクセルファクター

アクセルファクター
アクセルファクターの特徴
  • 入金まで最短1時間
  • 売掛金買取率90%以上
  • 手数料2%~
  • 来店不要。オンライン完結
  • 必要書類が少ない

アクセルファクターも高い買取率と早い現金化スピードが売りのファクタリングサービスです。

入金スピードが最短1位時間とトップクラスに早く、審査に必要な必要書類も他社と比較して少ないので手間がかかりません。

ただしこちらも手数料幅が2%~と上限が不明なので、上記2社と合わせて相見積もりを依頼する事をおすすめします。

\ まずは無料見積り! /

ファクタリングの審査に落ちる原因まとめ

ファクタリングの審査で落ちる原因まとめ

ファクタリング会社は買い取った売掛債権を回収できないというリスクを一番恐れており、つまるところファクタリングの審査はそのリスクを回避するために行われます。

ファクタリング会社の審査で落ちた場合、本記事で解説したポイントが原因であることがほとんどです。

また、審査に通りやすいとされているファクタリングでも落ちることはあります。

もし審査に落ちたらどこが判断ポイントだったのかを一度聞いてみてください。

ポイントを押さえてファクタリングを利用していきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次
閉じる