ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

labol(ラボル ※旧ナゲット)の特徴や口コミ、評判【ファクタリング】

labol

≪簡易版3秒診断!≫
あなたに最適なファクタリング会社は?

一問目:あなたの事業形態は?

二問目:希望する資金調達額は?

診断結果:あなたにおすすめは「PAYTODAY」です!

PAYTODAY

PAYTODAYの特徴
PAYTODAYはオンライン完結のファクタリングサービスで、入金スピード最短45分、手数料1%~上限9.5%とスピードと安さは文句なしのダントツです。その反面審査に必要な書類は多めですが、審査に通ればかなりお得に資金調達可能なファクタリング会社です。

>>PAYTODAYの特徴や口コミ・評判、他社との比較

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「ネクストワン」です!

ネクストワン

ネクストワンの特徴

ネクストワンは資金調達成功率96%と非常に高い数字を誇っており、赤字決算や債務超過の状態でも柔軟に対応してもらえます。手数料も3社間ファクタリングの手数料が1.5%~8%、2社間ファクタリングでも手数料が5%~10%と非常に安く設定されています。

>>ネクストワンの特徴や口コミ・評判、他社との比較

圧倒的な審査通過率とスピード!見積り無料!

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「PAYTODAY」です!

PAYTODAY

PAYTODAYの特徴
PAYTODAYはオンライン完結のファクタリングサービスで、入金スピード最短45分、手数料1%~上限9.5%とスピードと安さは文句なしのダントツです。その反面審査に必要な書類は多めですが、審査に通ればかなりお得に資金調達可能なファクタリング会社です。

>>PAYTODAYの特徴や口コミ・評判、他社との比較

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「anew」です!

anew
anewの特徴
anewはファクタリング大手のOLTAと大手銀行7グループのうちの1つである新生銀行が共同運営するAIファクタリングサービスで、非常に信用度が高く安心して取引できます。手数料も2%~9%と手数料も格安です。利用登録だけでもしておくといざという時スムーズに資金調達できますので、まだの方は是非登録しておきましょう!(※登録費用等は一切かかりません)

>>anewの特徴や口コミ・評判、他社との比較

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「トップ・マネジメント」です!

トップ・マネジメント

トップ・マネジメントの特徴
トップ・マネジメントは大型案件を得意としており、最大3億円まで買取可能なファクタリング会社です。また、3社間ファクタリングの手数料が0.5%~3.5%と非常に安く設定されています。

>>トップマネジメントの特徴や口コミ・評判、他社との比較

\ 業界最安値!見積り無料! /

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「ネクストワン」です!

ネクストワン

ネクストワンの特徴

ネクストワンは資金調達成功率96%と非常に高い数字を誇っており、赤字決算や債務超過の状態でも柔軟に対応してもらえます。手数料も3社間ファクタリングの手数料が1.5%~8%、2社間ファクタリングでも手数料が5%~10%と非常に安く設定されています。

>>ネクストワンの特徴や口コミ・評判、他社との比較

圧倒的な審査通過率とスピード!見積り無料!

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「ビートレーディング」です!

ネクストワン

ビートレーディングの特徴

株式会社ビートレーディングは、2012年(平成24年4月)設立された業界最大手のファクタリング会社です。
累計問い合わせ数10.9万件、累計取扱高688億円の実績があり、東京・仙台・大阪・福岡に拠点を展開しています。
培ったノウハウからあなたに最適な提案をしてくれます。

業界最大手!見積り無料!

もう一度診断する

診断結果:あなたにおすすめは「ペイトナーファクタリング」です!

ペイトナーファクタリング
ペイトナーファクタリングの特徴

ペイトナーファクタリングは、個人事業主・フリーランスに特化したオンライン完結型のファクタリングサービスです。
審査に必要な書類が少なく、365日24時間即時出金が可能なため、利用者の負担が非常に少ないのが大きな特徴です。
新規利用者は10万円以上の請求書は買取不可な点だけは注意が必要ですが、手数料も固定で一律10%と分かりやすく使いやすいファクタリングサービスです。

>>ペイトナーファクタリングの特徴や口コミ・評判、他社との比較

\ 審査たったの1時間! 24時間即時出金! /

もう一度診断する

labol(ラボル ※旧ナゲット)は東証一部上場企業の「株式会社セレス」が運営するファクタリングサービスです。

銀行融資などの資金調達が厳しいとされる個人事業主・フリーランスに対象を絞っており、小規模事業者からの評価の高いファクタリングです。

今回はlabol(ラボル)の特徴や口コミ、他のファクタリングと違ったメリットなどをまとめました。

この記事の簡単なまとめ
  • labol(ラボル)は、フリーランスに特化したオンライン完結型のファクタリングサービス
  • 電話や対面での面談、決算書や契約書など用意が面倒な書類の提出が無く、利用者の負担が非常に少ない
  • 与信タスクの実施や利用実績によるが、最大で100万円程の請求書まで買取可能
  • 手数料も10%固定と低く、少額取引であれば非常におすすめのファクタリングサービス

\ 土日祝でも買取OK! 24時間出金可! /

※アカウント登録&見積り無料!

目次

labol(ラボル)とは?どんなファクタリングサービス?

labol(ラボル)は2020年12月、GMOリサーチ株式会社が行った資金調達サービスに関するアンケートで、「使ってみたい」「信頼できる」「入金が早いと思う」「申込が簡単」これら4つの部門で第1位に輝いたファクタリングサービスです。

以前はnugget(ナゲット)というサービス名で運営されていましたが、2022年2月1日よりlabol(ラボル)というサービス名にリブランディングされました

運営する「株式会社セレス」はファクタリングの他にもポイントサイトの「モッピー」や、アルバイト求人サイト、不動産情報サイト、ブロックチェーン関連事業などを手掛けています。

セレス自体がベンチャー企業への投資に積極的なため、labol(ラボル)のファクタリングサービスも、個人事業主やフリーランスを応援するという意味合いもあります。

ここだけは押さえておきたい!labol(ラボル)の特徴

お忙しい方の為にまずは特徴を簡潔に記載します。

もし気になりましたら無料見積もりをしてみてください。

labol(ラボル)の特徴
手数料 10%
入金スピード 最短60分
オンライン対応可(オンラインのみ)
対応地域全国
対象 個人事業主、フリーランス
取扱サービス 2社間ファクタリング(取引先へ通知不要)
最低買取額 1万円
最大買取額 新規登録時は10~20万円
利用実績・与信スコアの実施で最大100万円

\ 最短60分即日入金! 24時間出金可! /

※アカウント登録&見積り無料!

企業情報詳細

会社名株式会社ラボル labol inc
設立日2021年12月1日
資本金5,000万円(2022年1月末現在)
代表者代表取締役CEO 吉田 教充
所在地〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー
業務内容ファクタリング事業・メディア事業
親会社株式会社セレス(東証プライム上場・100%資本)

labol(ラボル)のメリット・注目ポイント

labol(ラボル)は他のファクタリングとは違ったメリットや、お得なキャンペーンが行われています。

順番に見ていきましょう。

セブン銀行であれば24時間365日振込可能でお得!

labol(ラボル)ではファクタリングの入金にセブン銀行を指定すれば、24時間365日入金が可能です。

ファクタリングでの資金調達方法は主に銀行振込となっていて、即日振込にも関わらず金融機関によっては実際の着金が数日かかってしまうパターンも少なくありません

labol(ラボル)は入出金に使用される口座に「セブン銀行」を用いています。

セブン銀行同士の振込には24時間365日即時反映となっていますので、ファクタリング申込時にセブン銀行を指定すればすぐに資金調達が可能です。

「お友達紹介キャンペーン」でお得に利用できる

labol(ラボル)では「お友達紹介キャンペーン」を行っています。

内容は、紹介した人には最大5,000円分のAmazonギフト券の進呈、紹介された人には初回の請求書買取で手数料が半額の5%となります!

他社での見積り時、手数料が高く設定されてしまった人も、labol(ラボル)ならお友達紹介で5%とお得にファクタリングが利用できるため、周りで利用している人がいれば紹介してもらうと、お得に利用ができます。

業種・職種問わず個人事業主・フリーランスなら誰でもOK

labol(ラボル)は個人事業主・フリーランスに特化したファクタリングですが、職種や業種の制限は特に行っていないため、ほとんどの人が利用することができます。

最近では個人事業主やフリーランスを対象としたファクタリングが増えてきていますが、業種によっては断られてしまうことも少なくありません。

他社で断られたケースでも、labol(ラボル)なら柔軟に審査をしてくれます。

ただし、法律に抵触していると思われる方や、反社会的勢力とつながりがある方は買取ができません。

2社間ファクタリングのため取引先に連絡することがない

ファクタリングには利用者とファクタリング会社で契約を結ぶ「2社間」と、2社間に加え請求先も含めた「3社間」の方法があります。

labol(ラボル)では「2社間」のファクタリングを採用。

2社間ファクタリングの特徴は取引先にバレるリスクが少ないため、相手にファクタリングの利用が知られると影響が出てくるケースでも安心して利用できます。

ただし、取引先から入金後、labol(ラボル)への振込が遅れてしまう場合は取引先に連絡することもありますので、注意しましょう。

利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程まで買取可能

labol(ラボル)は「与信タスク」の制度を設けており、与信タスク(アンケートの回答や追加書類の提出など)をこなすと買取上限金額が上がる仕組みとなっています。また、ラボルの利用実績によっても買取上限金額が上がります。

labol(ラボル)は利用実績・与信スコアの実施によって最高100万円程まで買取可能となりますので、継続利用するのがおすすめです。

\ フリーランスにオススメ!最短60分即日入金! /

※アカウント登録&見積り無料!

labol(ラボル)のデメリット・注意点

個人事業主やフリーランスに柔軟な対応をしてくれるlabol(ラボル)ですが、デメリットもあります。

申し込みを行う前に、デメリットの部分も把握しておきましょう。

新規登録時は10~20万円が買取上限

利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程の請求書まで買い取ってくれるlabol(ラボル)ですが、新規登録時は10~20万円が買取上限です。

まだ1度もlabol(ラボル)を利用した事が無く、かつ20万円を超える請求書を買い取ってほしい場合はQuQuMoPAYTODAYを利用した方が良いでしょう。

labol(ラボル)の口コミ・評判

実際にlabol(ラボル ※旧ナゲット)を利用した人の口コミを探してみました。

引用元:Twitter

個人事業主やフリーランスは請求書発行から入金までが長いパターンが多く、資金繰り悪化の原因となりがちです。

改めて、ファクタリングは健全な経営を行う上で重宝するサービスだなと実感します。

引用元: ラボル公式サイト

役者さんの口コミです。他社ファクタリングを見ても、俳優・パフォーマーさんのファクタリング実績はあまり見かけないため、非常にレアな事例です。

labol(ラボル)が柔軟な対応をしているのがわかる口コミですね。

引用元: ラボル公式サイト

カメラマンの方の口コミです。こちらの方は一度他社で断られてしまったそうですが、labol(ラボル)で無事にファクタリングを利用できることになったそうです。

スピーディーな対応も、やはり評価が高いですね。

labol(ラボル)と他ファクタリング会社との比較

サービス名labol
labol

ペイトナーファクタリング
PAYTODAY
PAYTODAY
フリーナンス(即日払い)フリーナンス
入金スピード最短60分最短10分最短30分最短60分
手数料 一律10% 一律10% 1~9.5% 3~10%
対象個人個人/法人個人/法人個人
取扱いサービス 2社間 2社間 2社間/3社間2社間/3社間
オンライン対応
対応地域全国全国全国全国
最低買取額1万円1万円10万円~1万円
最大買取額新規登録時は10~20万円
利用実績・与信スコアの実施で最大100万円程
15万円(初回)上限なし25万円(初回)
必要書類請求書
写真付き身分証明書
取引エビデンス
請求確認メール
請求書
写真付き身分証明書
請求書
写真付き身分証①直近の確定申告書B一式
(収支内訳書 含)
②全ての事業用個人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細
③買取を希望する請求書
④申込人の本人確認書類
(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)明書
取引エビデンス
請求確認メール
請求書
住所確認できるもの
請求書が送付済みであることが確認できるもの
請求書が受領済みであることが確認できるもの
銀行口座の入出金履歴3ヶ月分以上
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

抑えるべきポイントは下記の通りです。

比較ポイント

カタログスペックだけを比較するとペイトナーファクタリングかPAYTODAYでも良いのではないかと見えますが、labolへ取材させて頂いた時に「過去の収入や職業形態にとらわれず、直近の仕事の報酬金額を審査の物差しにしている」とおっしゃられており、請求書の内容重視のペイトナーファクタリングやPAYTODAYより、状況によっては審査が通りやすい可能性があります。

(※請求先の企業があまり信用度の高くない会社でも直近の利用者の報酬金額が良ければ審査に通る可能性が高い)

反対に、直近の報酬金額が低くても請求書の内容重視のペイトナーファクタリングやPAYTODAYなら審査に通る可能性があります。

審査基準が違うので、どちらも臨機応変に使い分けるのが一番賢い使い方です。

labol(ラボル)の利用手順

labol(ラボル)の利用手順を見ていきましょう。

labolはオンラインでのお手続きのみとなっていますので、labol公式サイトにアクセスし申し込みをします。

STEP
会員登録

まずはlabolに会員登録をします。

入会金や月額利用料などは一切かからず、登録無料で利用することができます。

氏名・住所・メールアドレス・入金希望先の銀行口座などの情報を登録します。

運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付き身分証明書もお手元に用意しておきましょう。

STEP
請求書のアップロード

会員登録ができたら、買い取ってもらいたい発行済み請求書のアップロードを行います。

請求書には以下の内容が記載されているか、チェックしましょう。

  • 請求金額(税込)
  • 源泉徴収税
  • 請求日
  • 振込期限
  • 請求先会社名
  • 請求先担当者
  • 振込口座
  • 請求先会社の住所
  • 名前/屋号がある場合は表記
  • 登録している住所
  • 捺印

太字の部分は必須項目となります。

STEP
エビデンスアップロード

取引エビデンスとは実際に請求書の業務が行われた際に、取引先と交わされたメール連絡や、請求内容の確認メールのことです。

また、以下の書類も提出すると審査通過率がUPします。

  • 取引先からの過去に入金履歴
  • 押印済みの発注書や契約書
  • 通帳のコピー
  • その他取引を証明するエビデンス

これらを申込み前にあらかじめ揃えておくと、手続きにスムーズが進むでしょう。

STEP
審査

labolでは最短60分で審査が完了します。

審査結果は登録したメールアドレスに届きます。

STEP
振込完了

登録口座に買取金額が支払われます。

金融機関や申込日時によって着金は異なりますが、セブン銀行の口座を指定していると最速で着金となります。

labol(ラボル)はこんな人におすすめ!

labol(ラボル)は下記のような方におすすめです。

  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 知り合いにlabol(ラボル)を利用している人がいる
  • 他社ファクタリングで断られた人
  • 地方在住の人

labol(ラボル)の運営母体がベンチャー企業への投資を行っているため、個人事業主やフリーランスには柔軟に対応してくれると評判です。

申し込みはすべてオンラインで完結するため、地方在住の個人事業主やフリーランスにもおすすめです。

最近はリモートワークの拡大で地方に移住する方が増えていますが、そのような方でも問題なくlabolのファクタリングを利用できます。

labol(ラボル)のファクタリングを利用したいと思っている人の参考になれば幸いです。

\ フリーランスにオススメ!最短60分即日入金! /

※アカウント登録&見積り無料!

当サイトで紹介するファクタリング会社は入念に調査したうえでおすすめしておりますが、時差による変更点、間違い等ある可能性はゼロではありませんので、可能な限り複数社に相見積もりし、比較して一番コストパフォーマンスの優れているファクタリング会社を選ぶようにしてください。それが一番安全なファクタリングの利用方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次
閉じる